司法書士としての顧問契約とは

2018年4月6日

こんにちは。

司法書士・行政書士の千葉諭です。

 

今日は、司法書士としての顧問契約のお話。

私自身、関与先の会社様と顧問契約を結ばせて頂いています。

グループ企業が中心なので、関与先は約30社程度でしょうか。

司法書士と顧問契約したら得られるサービスとは?

では、司法書士としての顧問では、何を提供しているのでしょう?

顧問契約書の文言をそのまま使うと、以下のとおりです。

 (1) 会社、法人の日常業務に関する法務相談

 (2) 契約締結(契約書)等に関する助言、指導

ただし、司法書士として行う事ができない業務、つまり他士業の独占業務は含まれません。

例えば、弁護士さん、税理士さん、社会保険労務士さんの独占業務とされているものは、除きます。

司法書士との顧問契約のメリットとは?

司法書士との顧問契約のメリット1
【費用削減できる】

なお、登記手続きは、あくまでも当事務所が実際に書類を作成し手続を行うものなので、登記手続きに関する費用は別に頂戴しています。

登記費用として頂戴する金額は、通常の当事務所の報酬規定の金額を割り引いて、その金額を頂戴するようにしています。

顧問先には、通常の登記費用を割り引いて請求させていただいているのです。

これは、顧問先にとって大きなメリットなるのではないでしょうか。

司法書士との顧問契約のメリット2
【専門家の迅速な対応で素早く問題解決】

顧問先はグループ会社が多いのですが、通常のグループ企業間の関連性や経営の一部を、常時把握できるため、素早い対応が可能です。

この点も、顧問契約を締結していただく大きなメリットと言えます。

司法書士との顧問契約のメリット3
【予防法務】

また、継続的に他の会社と契約書を締結するような場合、事前に、顧問先にとって不利益な条項がないかチェックし、指摘しています。

契約書の書き方一つで、会社は大きな損害を抱える可能性を鑑みると、予防法務の観点から、顧問契約はとても大きなメリットになります。

当事務所との顧問契約のメリット

  1. 情報を共有することによって、的確なアドバイスのもとに、迅速に対応できます。
    例えば、売掛金の回収を行うためには、回収のための初期作業を迅速に行うことが最も大切です。
  2. 契約書を事前にチェックすることで、トラブルを未然に防ぐことができ、且つ、契約を有利に締結することができます。
  3. お付き合いを通して、長期的な視点による会社の制度設計を行うことが可能です。
    特に、グループ企業では、グループ全体のバランス等を考慮しつつ制度設計をすることが可能です。
  4. 法務担当部門を設置する、もしくは法務担当者を雇い入れるより、費用がかかりません。
  5. 従業員の方からの個人的な相談も受けることができ、従業員の方々の福利厚生につながります。
  6. ホームページ等に顧問司法書士として記載していただくことで、取引先や社会に対する貴社の価値や信頼が向上します。

顧問実績のある業種

    • 老舗料亭を経営する飲食業(グループ企業全体)
    • インターネット関連企業(グループ企業全体)
    • 倉庫業(グループ企業全体)
    • キャラクター商品等の流通業(グループ企業全体)

顧問

主に中小企業の法律顧問 10,000円(税抜)~要相談
グループ企業は一括30,000円~

*ただし、相談件数/1ヶ月 が少ないようなケースや、グループ傘下企業の相談を受けるようなケースでは、事前に相談させて頂きます。

司法書士の顧問契約は法務を専門にしている司法書士へ

当事務所では、会社の大小を問わず、顧問契約を締結させていただき、顧問先の方々の利益に後見するように努めています。

日常業務で少しでいいから日常的に相談されたい方、登記費用を削減されたい方など、是非、当事務所をご活用下さい。

顧問契約に関する詳細ページもございますので、ご覧ください。

ご連絡をお待ちしております。

四ツ谷の司法書士へ相続や企業法務の無料相談