会社の商号にローマ字や符号を使用する~商号~

こんにちは。

司法書士・行政書士の千葉諭です。

 

今日は、会社の商号を決める際のルールをピックアップしました。

相談にいらっしゃった方々の殆どがご存じなのですが、勘違いしやすい点も。

 

平成14年施行の改正点です。

まず、会社の商号に、ローマ字やアラビア数字を使用することが認められています。

従来からの要望が多くあったために改正されました。

ローマ字は、大文字でも小文字でもOKです。

 

そして。

ピリオド(.)、ハイフン(-)、アンバサンド(&)、コンマ(,)、アポストロフィー(’)、中点(・)などの符号も認められるようになりました。

ここで注意点。

上記の文字が使用できるのは、ローマ字を商号に使用した場合に限られません。

つまり、日本文字を区切る際にも使用することができるのです。

ただし、スペース(空欄)は、ローマ字を区切る際にしか使用できません。

このスペースと上記の符号を混同してしまい、ローマ字の場合だけ符号を用いることができる、といいうような誤解が生まれるのです。

間違えないように、もう一度。

符号が使用できるのは、ローマ字を商号に使用した場合に限られません。

 

登記手続きは、やはり細かいですね。

当事務所では、起業や法人成りによって会社設立をされる方を応援しています。

会社設立でお困りの方、是非、ご相談下さい。

四ツ谷の司法書士へ相続や企業法務の無料相談