遺言書の検認

2018年4月12日

遺言書の検認 2万円~

遺言書(公正証書による遺言を除く。)の保管者又はこれを発見した相続人は,遺言者の死亡を知った後,遅滞なく遺言書を家庭裁判所に提出して,その「検認」を請求しなければなりません。

また,封印のある遺言書は,家庭裁判所で相続人等の立会いの上開封しなければならないことになっています。

検認とは,相続人に対し遺言の存在及びその内容を知らせるとともに,遺言書の形状,加除訂正の状態,日付,署名など検認の日現在における遺言書の内容を明確にして遺言書の偽造・変造を防止するための手続です。遺言の有効・無効を判断する手続ではありません。

当事務所では、家庭裁判所に対する遺言書の検認の申立を代行しています。
上記は報酬額ですので、実費は別途のご請求となります。

相続人の調査をよくご利用になられる方

  • 仕事で相続の手続きまで手が回らない方
  • 相続や法律の知識がないので手続きを自分で行う事が難しい方
  • 家族が亡くなったばかりで雑煩な手続をする精神的余裕がない方
  • 相続に関わる手続きを一括でお願いしたい方

相続に関するブログを執筆しています

四ツ谷の司法書士へ相続や企業法務の無料相談

Posted by 千葉司法書士