株式の取得による事業取得のメリット及びデメリット

こんにちは。

司法書士・行政書士の千葉諭です。

今まで、合併、事業譲渡と記載してきましたが、今回は株式の取得による事業の取得(買収)について記載していきましょう。

株式の取得は、組織再編の中でも最も身近なものですが、様々なデメリットもあります。

 

株式の取得による事業取得のメリット

(1)買収された側の会社の独立性が保たれますので、労務関係などの紛争を避けることができること(合併の場合と大きくことなる点です)。

(2)許認可を再度取得する必要がなく事業が継続できるため、コストが削減できること。

 

株式の取得による事業取得のデメリット

(1)買収のために、多額の資金が必要となること(買収する起業の価値によっては、かなり高額となってしまうことがあります)。

(2)買収される企業において、株式の譲渡について、適法な手続きが行われているかが不確定であること。

(3)偶発的な債務を避けることができないこと。

 

いかがでしょうか?

組織再編の中では、最も身近な手続きです。

しかしながら、多額の資金を要する等のデメリットも多く存在すると言わざるをえません。

 

当事務所では、合併、会社分割、株式交換、株式移転、事業譲渡、株式の取得などの組織再編をサポートしています。

組織再編をお考えの方は、是非、当事務所にご相談下さい。

四ツ谷の司法書士へ相続や企業法務の無料相談