商業・法人登記申請書に法人名のフリガナ欄を追加します(平成30年3月12日から)

こんにちは。

司法書士・行政書士の千葉諭です。

平成30年3月12日以降、商業・法人登記の申請を行う場合には,申請書に法人名のフリガナを記載することとなりました。

申請書は司法書士が作成するものではありますが、会社様ご自身で役員変更登記等の申請を行っていらっしゃることも多いことから、念のための情報提供です。

詳しいことはこちらのリンクをご覧下さい。

法人名のフリガナの記載について(法務省・民事局)

フリガナは,法人の種類を表す部分(「株式会社」,「一般社団法人」など)を除いて片仮名で,スペースを空けずに詰めて記載します。

上記の運用に伴い、当職が登記申請のご依頼をいただいた際に、会社様にフリガナをお聞きすることになりますので、ご了承願えればと存じます。

よろしくお願い致します。

四ツ谷の司法書士へ相続や企業法務の無料相談