一般社団法人ってどんな団体?

こんにちは。
司法書士・行政書士の千葉諭です。

私自身は、会社の登記、いわゆる商業登記のお仕事の比率が多く、いままで、様々な会社を設立してきました。

そのような中で、最近、ご依頼の多い形態。

それが、一般社団法人なんです。

一般社団法人を設立する機会は多く、それぞれの目的があるようですね。

平成20年12月1日から
「一般社団法人及び一般社団法人に関する法律」によって、設立できるようになりました。

営利(=剰余金の配当)を目的としない社団や財団について、法人が行う事業の公益性の有無に関わらず、株式会社に比し、簡便に法人格を取得することができるようになったのです。

誰でも法人を資金なしに設立することができ、一定の条件を満たすことで、さらに、税制上の優遇まで認められるようになりました。

なお。

気を付けていただきたいのは、あくまでも非営利なだけであって、一般社団法人は、公益法人でありません。(勿論、公益社団法人は別です)

公益社団法人のように公益性をあくまでも求めるのでは無く、単に剰余金の配当には目を瞑って、単に法人格が欲しいというような場合には良いのかもしれません。

また、従来からの社団のイメージもあり、一般社団法人にはクリーンな印象がします。

最近よく相談されることの多い一般社団法人。

折角ですから、今後、機会をみてなるべく多くご紹介していきたいと思います。

四ツ谷の司法書士へ相続や企業法務の無料相談